collection

メガネフレームの種類について


メタルフレーム

金属素材のフレーム。素材には、ニッケルクロム合金、NT(形状記憶)合金、TITANIUM(チタン)、βTITANIUM(ベータチタン)、ステンレス、コバルト合金、銅合金、金、金張りなどがある。

メタルフレーム
セルフレーム

名前の由来は、素材のセルロイドからきておりますが、現在はアセテート素材のフレームも含めてセルフレームと呼ばれている。カラーバリエーションが豊富で、レンズの厚さも隠せる。

セルフレーム
ナイロールフレーム

レンズの側面に溝を彫って、テグスで固定する形状のフレーム。多くは、ブローラインのデザインにレンズ下部にリムが無いデザインが多い。最近では、「アンダーリム」と呼ばれるデザインで、レンズ上部にリムが無いナイロールフレームもあります。フレームの素材は、メタルでもセルでもあります。

ナイロールフレーム
ツーポイント(ふちなし)フレーム

フレームにリムが無いことから「ふちなし」と呼ばれたり、レンズを 2 点のネジで固定していることから「ツーポイント」と呼ばれている。最近では、レンズを 1 点のネジで固定している「ワンポイント」のフレームもある。

セルフレーム
アルバイトフレーム

レンズ部分を跳ね上げできる作りになっているフレーム。

アルバイトフレーム
コンビネーションフレーム

メタルフレームに部分的にセルを使用し、2つの素材を合わせたフレーム。リムにセルを巻きつけたデザインや、フロントがメタルでテンプルがセル巻というようなデザインが多い。

コンビネーションフレーム

メガネのデザイン・形について


横長楕円の形
横長楕円の形

ポピュラーなデザインでクセがなく優しい印象のフレームは小顔の方との相性もよく、表情の柔らかさを演出するスタンダードな形。

丸型
丸型

眼鏡の原型とも言える正円の形は、主張の強い個性派。レトロな印象が強く、ファッションのアクセントとして全体の個性を引き立てる。

角形や長方形で四角い形
角形や長方形で四角い形

素材やカラーバリエーションにも富んでいるスクエア型。シャープな印象をあたえ、老若男女好まれる形は、ビジネス、学校などシチュエーションを選ばず使える万能型。

眉毛のような形
眉毛のような形

眉のような印象を与えるセルフレームをメタルのブリッジが繋いだ形。クラシカルな印象はカジュアルファッションにも個性的なアクセントとなり、ハットなどとの相性もいい。

蝶が羽を広げたような形
蝶が羽を広げたような形

蝶が羽を広げたような形のフレームはサングラスなどで女性に人気のある形。眼鏡としても目元の存在感たっぷりで、男女問わず格好良くかけられる。

逆台形
逆台形

逆台形でも正方形に近く長方形に近いものはパリジャンヌと呼ばれる。 1950~60 年代のアメリカで、根強く支持された形は現在でも世界的なスタンダードであり、プラスチック、メタル共に多い形。 角のとれた逆台形は天地幅も広いものが多く、柔らかい落ち着いた印象を与える。

丸みを帯びた逆三角形
丸みを帯びた逆三角形

海外セレブなどにも人気のクラシックモデルはレトロ感も強く個性的。カラーも黒やデミ(べっ甲柄)など落ち着いたものが多く、品も感じられる形。

つり上がった形
つり上がった形

つり上がった狐の目を連想させるデザインは、1950~60 年代に女性を中心に流行。現在でも再び注目されつつあるフォックス型は、男性が掛けこなしても、粋で格好良い。

なす形
なす形

なす型のレンズシェイプはアメリカ空軍制式パイロットグラスとして、酸素マスク装着の邪魔にならず、なおかつ広い遮光性を備えるサングラスとして誕生。 現在でもサングラスとして根強い人気を博し、眼鏡としてもクラシックな玉型として採用される形。

ページトップへ