collection

こどもめがねについて


こどもの目の成長は、学習効率や運動能力を向上させるためにとても大切です。
だからこそ、「見る力」をしっかりと育まなければなりません。

ベルティーサイトウは、「お子さまに見える喜びと安心をお届けしたい」、「保護者の方のご心配や不安を解消したい」、
お子さまのめがねについて、山形で一番"相談できる眼鏡屋さん"を目指しています。

メガネがはじめてのお子さま・保護者さまへ

こどもは物が見えにくくても、それをなかなか上手に伝えることができません。
お子さまの成長にとって大切な視力、いつも注意深く見守ってあげることが大切です。
視力は、生まれてから物を見るという自然の訓練を通して完成していきます。

この時期に視力に問題があっても気づかずに放置しておくと、運動や学習をするうえでの妨げにもなりかねません。
こどもにとっての視力は、心身ともに健康な成長をとげるための大切な窓口となっているのです。
お子さまが安全でより快適なメガネ生活を過ごしていただくために、ベルティーサイトウではお子さまのメガネに関するご相談をはじめ、メガネ選びのポイントなど親切丁寧に対応いたします。
ご購入からアフターサービスまで安心してメガネをお使いいただけますようサポートさせていただきます。

こどもの目の発達

生まれたばかりの赤ちゃんは明暗がわかる程度です。
どんどん成長し、生後 6 ヶ月を過ぎると視力も定まり、少しずつ見えるようになってきます。

その後は、毎日ものを見る事で少しずつ見る力をつけていきます。
見る力とは、目を通して見たものを脳に届ける力のことです。7 歳ぐらいまでに視力が 1.0 ぐらいになるため、見る力が完成します。
つまり、7 歳までは視力や脳の発達にとても重要な時期といえます。

こどもだからメガネをかけるのはかわいそうと考えてメガネを掛けないのは逆に悪影響を及ぼしかねません。
3 歳児検診など専門家の検査を受けて、日頃からお子さまの目・視力について考えていきましょう。

メガネの大切さ

「メガネを掛けるとますます視力が下がる」とお考えになる方がいらっしゃいますが、それは間違いです。
見えない状態で黒板や教科書を見ることにより、ストレスや眼精疲労などの原因となってしまいます。
小・中・高校生のお子さまは、体はもちろん、目もどんどん成長し、視力も変化しやすい時期です。

さらに、勉強、スポーツ、テレビ、スマホ、ゲームなど目を駆使しやすい時期でもあります。
昨今では、"スマホ老眼"とも言われている仮性近視のお子さまも増えており、文部科学省による「学校保健統計調査」によるデータではこどもの視力低下は年々顕著になっております。

出典「文部科学省学校保健統計調査」

こどもの視力低下は、すべての年代において年々増加傾向にあります。
視力 0.7 未満(運転免許取得に必要な視力が 0.7以上)の高校生は 2 人に 1 人という状況です。
テレビ、ゲーム、スマホが視力低下のすべての原因と断言することはできませんが、こどもの視力低下が確実に多くなっていることがグラフからもお分かりいただけると思います。

山形県内最大級 こどもめがね専門店
お子さまが掛けたくなるメガネがいっぱい!


ベルティーサイトウは、こどもめがねの品揃えが山形最大級!今人気のこどもめがねが豊富にございます。
お子さまが掛けたくなる、かっこいい、かわいいデザインが一杯です。
また、安全性・機能性ともに確かな一流メーカーのフレーム・レンズのみを取扱いしております。

まずは、お子さま自身がメガネを好きになり、掛けたくなることが大切です。
そのために、ご家族さまがお子さまとメガネ選びを楽しむことが"メガネを好き"になる第一歩であると私たちは考えています。 そして、「かわいいね」や「かっこいいね」とお子さまをいっぱい褒めてあげてください。
はじめてメガネに触れることからはじまり、徐々にメガネに慣れていくお子さまを温かく見守ることで、自然とメガネを掛け続けるようになっていきます。

私たちは"相談できる眼鏡屋さん"こどもめがねで気になっていることや分からないことなどございましたら、ベルティーサイトウ専門スタッフまでお気軽にご相談くださいませ。

ベルティーサイトウは、"最幸のメガネを仕立てる眼鏡屋"として

  • 正しく快適に見えるメガネを真心込めてお仕立ていたします。
  • 正しくお顔に合う快適サイズのメガネをお見立ていたします
  • 正しく調整し、お顔に快適にフィットするフィッティングをいたします。
  • 正しくお子さまのお顔に似合うメガネ選びのアドバイスをいたします。

お子さまに快適にお使いいただける正しく安心のメガネをお届けさせていただきます。

ページトップへ