collection

鼻盛り(鼻パット)加工


当店ではセルフレームの鼻盛り加工を店舗にて行っております。
鼻パットの高さや角度などが合わなくてメガネが下がる・レンズにまつ毛が触れるなどのお悩みがございましたらいつでもご相談ください。

特にインポートブランド(海外製)のフレームは、鼻パットの高さが低くそのままでは掛けにくいため、鼻盛りを必要とするフレームがほとんどです。 当店では、30 種類を超える鼻パットパーツからお客さまのお顔に合わせて鼻盛り加工を施し、心地良さが最幸のメガネをご提供いたします。

鼻盛り(鼻パット)加工の流れ

1. 土台作り

鼻盛り加工

現状の鼻パットの高さを調整します。
まずは、土台作りからはじめていきます。

2. 土台完成

鼻盛り加工

当店の熟練職人が鼻あて部分をヤスリやバフを使い、もともとついていた鼻あて部分を平に仕上げていきます。 フレームのラインに沿って、綺麗に磨いていきます。

3. 鼻パット取付け

鼻盛り加工

30 種類以上の様々な高さ・形状の鼻パットを取り揃えております。 お客さまのお顔に合わせて、取付けするパットの種類を選び、セッティングします。完成。

※フレームの仕様や状態によってはお断りさせていただく場合がございますので予めご了承ください。

鼻盛り(クリングス付鼻パット)加工の流れ

1. 土台作り

鼻盛り加工

現状の鼻パットの高さを調整します。まずは、土台作りからはじめていきます。

2. 土台完成

鼻盛り加工

当店の熟練職人が鼻あて部分をヤスリやバフを使い、もともとついていた鼻あて部分を平に仕上げていきます。 フレームのラインに沿って、綺麗に磨いていきます。

3. 鼻パット取付け

鼻盛り加工

主にメタルフレームなどに使用されているクリングスアーム付きの鼻パットタイプです。 お客さまのメガネの用途によって、取付けする位置を決め、セッティングしていきます。完成。

※フレームの仕様や状態によってはお断りさせていただく場合がございますので予めご了承ください。

ページトップへ