VERTY SAITO BLOG

婚約指輪のダイヤモンドの輝き「カット」について

みなさま、こんにちは。

山形県内最大級の結婚指輪・婚約指輪の人気ブランドを取り扱うベルティーサイトウ山形店です。

verty-saito01 (1).jpg

県内一の40を超える取り扱いブランド数、総勢2,000本以上の指輪からお気に入りが必ず見つかります。

lazare_loose.jpg

また、当店には世界で最も美しいダイヤモンドと称される「ラザールダイヤモンド」をはじめ、

使用するダイヤモンドはすべてオーナー自らの厳しい選び込みを行ったもののみを

ご紹介しているため品質と輝きには絶対的な自信があります。

6924FE9E-AE1D-4B43-852C-C263C5A535B1.jpg

前回カラットについての記事をあげさせていただきました。

本日はダイヤモンドの輝きの部分、カットについてお話します。

ダイヤモンドのカットとは?

カットとはダイヤモンドの光を引き出してくれるものです。

よく形状のことだと思われがちなのですが、ダイヤモンドのファセット(平らに磨いた面)が光といかに良い相互作用を持つかを評価するものです。

ダイヤモンドのカットは、石の最終的な美しさと価値にとって極めて重要です。

現在、皆さんのイメージするダイヤモンドの形は「ラウンドブリリアントカット」という58面ファセットのものです。

ラウンドブリリアントカットにのみカットの評価基準が定められています。

カットの評価基準は一般的に下からPoor(プアー)Fair(フェアー)Good(グッド)Very Good(ベリーグッド)Excellent(エクセレント)となっています。

婚約指輪ではVery Good以上のものが望ましいです。

またExcellentの中にも分類わけがあります。

3Excellent、5Excellent、Heart&Cupidなどです。

ラザールダイヤモンドのダイヤモンドのカットはアイディアルメイク、アイディアリープロポーションカットとよばれています。

ダイヤモンドのプロポーション シンメトリー(対称性) ポリッシュ(研磨)の要素から見ていきます。

ラウンドブリリアントカットとは?

ラウンドブリリアントカットは17世紀にヴェネツィアで原型が考案されました。

そして1919年にダイヤモンド加工業の名門トルコフスキー家の一員である数学者のマルセル・トルコフスキー氏によってダイヤモンドから最大の光の反射と輝きを得るための数学的理論が考案されました。

それが現在のラウンドブリリアントカットのベースになっています。

7色の輝き

ダイヤモンドが7色の光で輝くことはダイヤモンドの持つ屈折率の強さに秘密があります。

太陽の光が7色の色を持っていることは皆さんご存じだと思います。

色はそれぞれ波長が違い、そのことにより反射する際にずれて見え、7色の光に見えます。

ダイヤモンドが宝石の王様と言われるのは硬度の高さもありますが、7色に輝く宝石だからという意味もあります。

ラウンドブリリアントカットでは真上ではなく縁のほうからの輝きが7色の輝きになります。

Heart&Cupidとは?

H&Cと表記されることが多いです。

ダイヤモンドのカットの評価の一つで対照的にカットされていないと表記されません。

これはダイヤモンドを拡大した際に見られます。

ハートの形と弓矢の矢のような形が見られます。

ハートの形はパビリオン側(裏側)矢の形はクラウン側(表側)から見ることができます。



このように一口にカットと言っても様々あります。

ぜひ後悔しないダイヤモンド選びをしてください。

結婚指輪・婚約指輪・ダイヤモンドプロポーズのための

下見やご相談を随時受け付けております。

当店はおかげさまで、

山形市、米沢市、南陽市、天童市、東根市、村山市、鶴岡市、酒田市などの

県内はもちろん、宮城県や福島県、秋田県からもわざわざご来店いただく

お客様が多数いらっしゃいます。

ご来店予約はこちら>>>https://www.verty-saito.jp/resarvation/

問い合わせはこちら>>>https://www.verty-saito.jp/contact/

インスタグラムも行っております>>https://www.instagram.com/vertysaito/